ネタリ

ビジネスの種、IT技術ネタ、ビジネスネタを語り合う場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スケールフリーネットワーク

ちと長いですが、たまにはこんな話題も。
スケールフリーネットワークという言葉を知っていますか?

自分たちがサイトにアクセスしている時は、どうしても趣味によったり、
みんなが見ているサイトを見てしまいます。そういうのを2つだか3つの式でモデル化したところ、結果として、
 すごいリンクを持つノード(もの)が少し

 ちょっとしかリンクを持たないノードがたくさん
ができあがるのだそうです。

そして、このネットワークにどんなに新規参加者が参入しようとも、結果として、
 すごいリンクを持つノードがよりリンクを持ち

 ちょっとしかリンクを持たないノードが増える
だけだと。

実際に
 ・WWWのリンク構造
 ・電力網
 ・電子メールのやりとり
などと、かなりの精度で一致したそうです。

これが本当だとしたら、、、
インターネットでそれなりの規模のコミュニティを作ろうとしたら、
インターネット層以外の相当な利用者を取り込まないといけないってことですかねぇ。
(googleは、うまく検索できない層が予想以上に多くて、取り込めたのが大きいと思う)

P.S.
 ちなみに、人のコミュニティで計算したら、世界中の人と
 6~7人ぐらいでつながる、とでたそうです。
  →アメリカの実証実験で、全く知らない他人の住所とかを書いて
    「この人に一番近そうな人にこの手紙を送ってください」
   とやったところ、平均6人~7人に渡って、届いたそうです。

参考
スポンサーサイト


○×SNS

最近多すぎなSNSですが、また新たなタイプのSNSができていたようです。

コトノハ
http://solvalou.net/kotonoha/?mode=home

いろんな人の質問に○×とそのコメントをつけていくことで
ソーシャルネットワークを形成するらしいです。
気軽に質問できて、気軽に答えることができるのがいいのかな。
サイトもかわいらしいデザインで気軽さアピール。

この管理人は他にもSNSを運営している模様。
Amazonのコメントやウィッシュリストで形成するSNS。
けっこういいかも。

Socialtunes
http://socialtunes.net/welcome

★Socialtunesとは
Socialtunes(ソーシャルチューンズ)は、自分の持ち物情報を管理・公開したり、友だちと情報交換を行うためのサービスです。

興味のある商品、持っている商品、欲しい商品を管理できる自分専用のページをもつことができ、またレビューを書いて公開することも可能です。

それぞれの商品には、自分の好きなラベルを貼り付けて、管理することができます。著者やアーティストごとにまとめたり、分野やジャンルで整理することができます。

他のユーザの情報を見ることもできます。友だちや興味のある人のページから、思いがけず素敵な商品に出会えることもあるかも知れません。

ちなみに開発者のページはこんな感じです。→ http://socialtunes.net/user/ohida



あと、今更ですがflickr
もおもしろいですね。

posted by futa


ユビキタスと人

これからの技術進歩のテーマは「ユビキタス」ではなく、
「人」なのでしょうか。

http://www.nikkeidigitalcore.jp/archives/2005/09/post_31.html

今回の記事で好きだったのは、
「人間の時間軸はもっと長い。自分自身の加齢などの経年変化、家族構成の変化、たくさんの悲しみや喜びなどの経験の上に、人生は成り立っている。一瞬の積み重ねが、川の流れのように連続していくものである。このゆっくりとした流れそのものを、シナリオにして著わすことはできないだろうか?」

っていうところ。
こんな視点で今の仕事について見直してみたり、
これからあるべき姿を見直すことって、当たり前のようにやるべきなのに
今まで出来ていなかったなって思っています。

tetsuya


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。