ネタリ

ビジネスの種、IT技術ネタ、ビジネスネタを語り合う場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Google ネタリ

Googleで「ネタリ」と検索すると1番にこのページが出てくるようになりましたね。

ずっと、フランスの俳優「ネタリ(ナタリー)・パスコー」が一番に出てたけど、ようやく逆転したよ。

posted by 440

代表作は僕のおじさんの休暇
amazonの書評:結構面白そう(*^_^*)

Amazon.co.jp
バカンスのため次々と海へ向かう人々の中に、ポンコツ車を駆るユロ氏の姿があった。ようやく宿へ到着したユロ氏と、同じく休暇を楽しむべく海へ現れた人々との交流が始まる…。
ジャック・タチ監督が自作自演するおとぼけ風刺コメディ“ユロ氏”シリーズの記念すべき第1作。日本では第2作『ぼくの伯父さん』の方が先に公開されたため、このような邦題がつけられているが、本作のユロ氏は誰の伯父さんでもない、ただのおじさんである。セリフはほとんどなくパントマイム的演技に終始しながら、いかに自分が異分子であるかを際立たせていく姿が実に面白く、また日常スケッチを淡々と描きながら、そこはかとないおかしみを醸し出すひょうひょうとしたタチ演出のセンスの良さ。時が経てば経つほど新たなファンが増えていくという、今や伝説的名作である。(的田也寸志)

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
53年カンヌ国際映画祭国際批評家大賞を受賞したヨーロピアンコメディの傑作。夏の海岸の宿屋を舞台に、主人公・ユロが彼を取り巻く連中からもみくちゃにされてしまう姿を描く。無声映画時代のコメディを彷彿とさせる演出は秀逸。トールサイズ。



スポンサーサイト


コメント

書評笑いましたw
『ぼくの伯父さん』ってタイトルだけは知ってます。
有名ですよね。

でも「ネタリ」で決め打ちしてくれるのは身内だけかもしれません(^ ^;)

  • 2005/10/17(月) 11:00:31 |
  • URL |
  • futa #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netari.blog26.fc2.com/tb.php/59-a7413f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。