ネタリ

ビジネスの種、IT技術ネタ、ビジネスネタを語り合う場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本語で話すと一秒で英語

海外で早速使いたい感じです。
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20089528,00.htm

英語音痴な私にもってこいです。

ただ、どのくらいの精度なのでしょうか。
音声の認識精度もそうですし、
変換の正確さという意味でもそう。

現在くらいの精度ならば、
わざわざ自然言語で使って意味不明な訳をされるよりも、
ないほうがいいというユーザが多いのかもしれないですね。。

posted by tetsu


Tokyo Designer's Week 2005

http://www.c-channel.co.jp/japanese/tdw/

新しい気づきにつながるかもしれません。
私ももちろん行く予定です。



団塊世代引退に向けたビジネスネタの卵

父親と話していて思ったビジネスネタ。
誰しもが思っているとは思うが・・・

日本企業は、60歳で退職だが、
現在65歳まで年金やらがでない。
それで私の親の友人は、アルバイト探しをしたり、
転職活動をしたりしている。

ただ、実際に、転職活動は難しいらしく、
技術者ならともかく、ほとんど間口がないらしい。

それで、転職しようと思う人を自分なりに分析してみた。

|--65歳以上になっても働きたい
| |--起業したい ①
| |--どこかの企業に属したい ②
|
|--年金が出るまで(65歳までの間だけ働きたい)
| |--どこかの企業に属したい ③
| |--アルバイトでもいい ④

②と③は、ハローワークや人材系の会社で扱っている
大部分の人が求めている部分だと思う。
ただ、①と④の人も結構いるようだ。

①だとすると、
今まで作り上げた人脈の人と話し、
新しいビジネスをやっている人は現在でもいる。(ガイアの夜明け等で放映)

④だとすると、
近所の喫茶店とか、アルバイト紹介誌とかを利用しているのだろうか。

それで、ビジネス。

①なら同じ興味と考えを持つ(人⇔人)、
④ならたまたま短期で年寄りでも出来る仕事をやってほしい(企業⇔人)
でのつながりを、Internet上で作ることってできないだろうか。
成功報酬ベースでお金もらってもいいし、
始めのうちは、アフリエイトだけでやってもいい。

こんなサイト、すでにあるのかと思っていたが、
私が10分くらい探しても見つからなかったので、
たとえあったとしても今の団塊世代の人はその情報に
たどり着くことはないだろう。

企業や人へのマーケティングをしっかりやれば、
一つビジネスにならないだろうか。

posted by tetsu


携帯サイト、非ポータルからのアクセス増加

携帯からのアクセスで、ポータルサイトではなく人気サイトからのリンクで閲覧するケースが増えてきているそうです。

これからは、中途半端な総合ポータルサイトは淘汰されて
特定の人気コンテンツサイトに集中する流れになりそうな予感。

侍魂、じーらぼ、POPOIあたりから始まって、
電車男で一気に流れが変わってきましたもんねぇ。

taji


マイクロソフトが有料でセキュリティ関連一括更新

マイクロソフト・ワン・ケア・ライブだそうです。
なんか余計にセキュリティホールが増えそうだけど、
マイクロソフトの囲い込み戦略うまくいくかなぁ。
気になるのはお値段。

http://it.nikkei.co.jp/security/news/index.aspx?i=2005102407381ca

taji


最近よく耳にするビジネスBlogについての所見

最近よくビジネスBlogという言葉を耳にする。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20089514,00.htm?ref=rss


ビジネスBlogにも社内向けのものと社外向けのものとに分けられ、
それぞれに用途が変わる。
↑の記事は社外向けのもので、企業や商品の認知度Upを狙って
一般ユーザに向けた情報発信をする。
近日のBlogが世界的に広まってきたことに伴い、
RSSリーダーで情報を得ているユーザが多いことを考えると
大いにうなずける流れである。
初年度で3億円の販売を見込んでいるらしい。

また、社内向けのサービスとしては、学生時代、
Semantic Webを研究した際によく耳にした。
そのときのものであるが、FOAFなどと連動させ、
社員の持っている知識や人脈、発信するべき情報を
視覚的に見せられるツールが当時一番面白かったと思う。
今はどうなっているのだろう。

現在のインターネット上での情報の氾濫に伴い、
有用な情報を有用な形で手に入れたいと願うユーザは多い。
BlogやSNS、Web2.0もその流れの一環なのだろうか。

posted by tetsu


とにかく反映されるのが早い

お試しあれ。




posted by tetsu





RSS広告

コンテンツ連動型のクリック課金のRSS広告が一般向けに開始しましたね。


http://japan.cnet.com/
RSS広告社は10月10日、個人向けのRSS広告配信サービス「Trend Match」を日本で初めて開始した。同社は、法人向けに2005年6月20日から本格的的にサービスを開始しており、これで法人と個人の両方に向けたRSS広告を提供することになった。



posted by 510


前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。